イギリスサマースクール

HOME | SUMMER SCHOOL

創業21年 イギリス 小学生・中学生・高校留学専門のASK英国留学センター。日本人現地後見人なので安心です。

2018年サマースクールのご案内

英国名門校自身が主催・運営する質の高いサマースクールに留学の斡旋を致します。

多くのパブリックスクールで行われているサマースクール。実は、語学学校が夏休みの間だけ校舎を借りて行っているコースが殆どです。ASKでは、学校自身が主催している質の高いサマースクールをご紹介しています。世界が注目する素晴らしい教育が行われるイギリスのパブリックスクールで、美しい英語を学び、本物の国際感覚を身につけませんか。

ASK代表夫婦が、保護者様の代わりとなって、現地でお子様をしっかりサポート致します。

イギリスに、いつでも頼れる日本人スタッフがいるということは、お子様にとって、大きな安心の要素になります。ASKでは、お子様の留学中、定期的にサマースクールを訪問し、お子様とお話をして、問題なく元気に毎日をすごしていらっしゃることを確認しています。万が一のホームシックやトラブルがあっても、日本語ですからご相談を持ち掛けて頂きやすく、現地で直ぐに対応できますので、お子様もご家族様も安心して留学期間をお過ごし頂くことができます。

「やっぱり笑顔が見られると安心」「留学中の我が子の様子を見てみたい」そんなご家族様のお気持ちにお応えします。

留学中、日本でお子様の帰りを待っていらっしゃるご家族様は「便りがないのは元気な証拠」とはお分かりでも、やはり気がかりなものです。ASKでは、お子様のご様子を拝見するだけでなく、現地のご様子をお写真でお撮りして、留学中メールでご家族様にご様子を報告しています。定期的にお子様が現地で活躍なさっている姿を映したお写真と、ご報告のメールをお送りすることで、ご家族様には大変ご安心頂くことができ、またお写真はとても良い記念になるとご好評頂いております。

毎年ASKを通して渡英してくださる留学生の約70%は、リピーターおよび過去の参加者様からのご紹介、または、ご家族様や親戚の方々です。

ASK英国留学センターは、1997年より、小学生から高校生までの留学を専門に、皆様の留学のお手伝いをさせていただいております。これからも皆様にご安心・ご満足頂くことが出来ますよう、精一杯留学生のサポートに努めて参ります。

エスコートも付きますので、サマースクールご到着までお子様おひとりで行動することは一切ございません。

ジュニアの単身留学での、最初のハードルは、ご本人様にとっても、ご家族様にとっても、お子様お一人での渡航ではないかと思います。ASKの留学生の皆さんは、羽田空港で集合し、同じフライトでご一緒にイギリスへ出発します。詳しくはお子様の一人旅をご参照ください。

※ご希望の方のみ。個別の渡航も可能です。
※エスコートは16歳までのお子様が適応します。

留学生の環境を真剣に考え、一つの国からの留学生がある一定の割合に達すると、その国からの留学生の受け入れは停止するというポリシーを持った学校をご紹介しています。

 お子様の英語のレベルに合わせたクラスで、最も効率よく学べるレッスンを。

 「英語がまだ何も話せない」「海外へ一度も出たことがないし、パスポートさえ持っていない」という方でも、ご出発までの準備など、留学に必要な事柄全てをASK英国留学センターが丁寧にご説明致しますから、どなたでもお気軽にご参加いただくことができます。上級者の留学生には、一般英語ではなく、試験対策コースやアカデミック英語、ネイティブ用のコースなど、手応えのあるプログラムをご用意しています。サマースクールで行われる英語のレッスンは内容やレベルがそれぞれ異なりますので、お子様の年齢や英語力、ご希望に最も合ったサマースクールをご紹介いたします。お気軽にご相談ください。

小さなお子様、初めての留学でも安心です。18歳なら大学1年生でもご参加いただけます。

毎年最年少は8歳から、元気に渡英してくださっています。年齢に合ったレッスンやアクティビティを行ってくださる楽しいサマースクールをご紹介しております。また、安全性の高い全寮制のサマースクールの多くは、17歳までの受け入れですが、ASKでは18歳まで参加することのできるサマースクールをご用意しています。

サマースクールお申込み前に知っておきたい5つのこと

 
イギリス名門パブリックスクールの校舎

 質の高いサマースクールの見極め方

 
サマースクールは数え切れないほどあり、どれを見ても立派な校舎で行われていたり、パンフレットには良いことばかり書いてあります。でも本当に質が良いサマースクールはいったいどうやって見分けたらよいのでしょう?お子様に合ったコースを探すには、何に注意をしたらいいのでしょうか?ここでは、質の高いサマースクールを見極めるための目安をご紹介致します。

LinkIcon

 お子様の不安を減らすためにできること

 
お子様が小さなころから留学をさせてあげたいという願いがあっても、単身留学はご本人様にとってもご家族様にとっても、大変勇気がいることですね。留学前にいくつかの準備をしておくだけで、お気持ちがずっと楽になります。お子様が留学する日を楽しみにできるように、しっかり準備をしてあげてください。
LinkIcon
イギリス人の子供と一緒に笑顔で写っている小学生の留学生
 
イギリスの地図と飛行機の写真

 お子様の一人旅

 
ジュニアの単身留学生にとっても、大切なお子様を旅立たせるご家族様にとっても、まず初めのハードルとなるのが、お子様お一人での渡航。お子様がまだ小さいうちや、お年頃のお嬢様など、一人で地球の裏側へ行かせるなんてとんでもない!と、つい心配になってしまいます。そんな不安をお持ちの方は、是非こちらのページをご参照ください。お子様が日本のご家族様のお手元を離れた時点から、ご到着まで、常にサポートがつき、お子様がお一人になることなく渡航できる方法があります。ASKの留学生は、毎年こちらの手順で、皆さん元気に渡英してくださっています。
 
 

LinkIcon

 お申込みの時期

 
ご紹介しているサマースクールは、大変人気が高く、早くから満員となります。 例年は3月初め頃には満席のコースが出始めます。また、航空券も早めに予約をしたほうが、割引料金で購入できてお得です。毎年お申し込みをお断りをしなくてはならない状況にございますので、ご参加をお考えの方は、どうぞお早めにお問い合わせください。尚、3月を過ぎてしまった場合でも、日程によって空きがあったり、キャンセルがでたりすることもございます。まずはお問い合わせください。
カレンダーの写真
 
 
空港へ迎えにきたエージェントと笑顔で写る留学生

安心できるエージェント選び

 
エージェントは、留学のアドバイスや斡旋、現地でのサポートをしてくれる留学会社。中にはイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど、沢山の国にある幅広い分野の留学先を揃えている会社もあります。でも、アドバイスをしてくださっている方は、それぞれの学校について、どのくらい実際の状況を理解しているでしょうか?また、留学中サポートをしてくれる係の方は、コールセンターだけではなく、現地で何かあった時に直ぐに学校や空港に駆け付け、お子様が必要とする必要なサポートをしてくれますか?留学期間中、全く音沙汰がない留学会社も多いようですから、事前に内容を確認して、安心して大切なお子様を預けられるエージェント選びをしましょう。
 

LinkIcon
 

質の高いサマースクールの見極め方

 
 

名前に惑わされていませんか?

サマースクールの主催者が誰かを確認しましょう。

 
名門パブリックスクールで行なわれている多くのサマースクールは、これらの殆どが、実は学校とは全く関係のない会社が、夏の間だけ学校のキャンパスを借りて、これらのコースを運営しているものです。夏の間だけ企業が入って行っているサマースクールと、学校が運営しているサマースクールとでは、コースの質に非常に大きな差があると感じます。
 
また、ケンブリッジやオックスフォードにある学校だからといって、質の良い語学学校やサマースクールとは限りません。実際にコースで教えてくださる先生方やスタッフが、大学関係者でなければ、全くケンブリッジやオックスフォードである意味はないと思います。
 
英国の名門パブリックスクール自体が主催・運営しているサマースクールは、これらの名門校が、夏の間の短い期間だけでも、子供達が英国の素晴らしい教育を体験できるようにと開校しているものです。また、大学が世界から優秀な学生さんを集めて体験留学をさせてくれるというものもあります。
 
これらのサマースクールは、正規のコースと同様のクオリティを提供するという学校のプライドが感じられます。きれいな校舎を借りて、見た目はいいけれど、中身は全員夏の間だけ来ているアルバイトの先生といったサマースクールとは全く異なるものです。
 
折角留学をするのですから、名門校の“雰囲気”を味わうだけではなく、経験豊かで優秀な先生やスタッフの方々が作り出す、質の高いコースを選びたいものです。
 


 
 
 

過去の参加者の評判が何より明確なガイダンスに

リピーターの多いサマースクールを選びましょう。

 
リピーターの数は、コースの楽しさと素晴らしさを証明してくれます。ASKでは、毎年沢山のリピーターが集まるサマースクールをご紹介しています。コースに参加してくださった留学生は、皆さん「楽しかった!また来年も絶対行きたい!お友達と約束したよ。」と笑顔を見せてくれます。留学中に学ぶ英語の伸びだけではなく、「また行きたい」「もっと英語が話せるようになりたい」という気持ちが高まり、帰国後の英語の学習に意欲が増すこと、英語が身近になることが、より大きなメリットとなり、お子様の力を本当の意味で伸ばしてくれる鍵となります。
 


 
 
 

レッスンやアクティビティは
お子様の年齢や英語力に適した内容ですか?

対象年齢だけではなく、実際にお子様の年齢の留学生が毎年どのくらい参加しているかを確認しましょう。

 
ジュニアのみを対象とするサマースクールを選びましょう。大人も子供も誰でも受け入れているコースは要注意。また、単にジュニアといっても、小学生と高校生では、全く違いますから、英語のレベルだけではなく、更に年齢別にクラスを分けてくださる学校、アクティビティも年齢ごとに相応しい内容のものを揃えてくださっている学校が理想的です。
 
気を付けなければいけないのは、対象年齢が小学生からと書かれていても、実際に参加しているのは、殆どが中学生や高校生で、小学生は数人しか見かけないというサマースクールが多く存在するということです。
 
こういったサマースクールでは、例えば、お昼休みに身体の大きな中高生の学生さんがスポーツをしていても、極少数しかいない小学生の子供たちは仲間に入れずに、校庭の隅で見ているだけという残念な光景を目にします。また、反対に、参加しているのが小さな子供達ばかりで、一人だけ年上だったので、留学中ずっと英語がわからない小さい子のお世話をしなければならなくて大変だったというお話もよく耳にします。
 
ですから、形上の参加条件や受入れ対象だけではなく、現実としてお子様と同世代の留学生が、ある程度の人数参加しているかどうかを確認してから、お申し込みをすることをお勧めします。
 
お子様の年齢に合わせ、レッスンでは自然に興味が持てるトピックや、身近な話題を取り入れた教材を使ってくださるだけでなく、小さなお子様でも飽きずに英語の学習に集中できるよう、レッスンの組み立てにも特別の配慮をしてくださる学校、同じ時間帯に年齢の離れた子供たちがスポーツなどをする時には、小さな子供たちも安全に楽しめるように、スタッフがグループ分けをするなどして、きちんとした配慮をしてくださる学校、そして、滞在先のお部屋も年齢別にお部屋が分かれていて、相応しい消灯時間が設けられていたり、小さいお子様が必要とする、身の回りの生活のお世話などもしっかりとしてくださる学校を選びましょう。
 


 
 
 

一般英語、アカデミック英語、試験対策コース。
同じ「英語+アクティビティ」でも内容は様々。

今現在お子様が必要とするのはどんな学習ですか?目的に合ったコースを選びましょう。

 
サマースクールでは、普段日本の学校で受けているの英語の授業とは異なり、生活すべてが英語になります。放課後や週末には、アクティビティや遠足なども盛り沢山に組み込まれ、これらの活動を楽しみながら行うことで、自然にどんどん英語を身に付けることが出来ます。
 
実際にいろいろな体験や感動を交えて覚えた英語は、本物の知識としてしっかりと記憶されます。また、レッスンで覚えたことを直ぐに使うことで、英語が驚くほど自然に頭に入り、自分のものになります。
 
多くのサマースクールは、英語のレッスンがあって、放課後はアクティビティが行われますが、勉強とアクティビティのバランスが、コースによって異なります。
 
また、レッスンの内容も、同じ一般英語でも、英会話を中心に勉強するサマースクールと、会話だけではなく、読み書きにも力をいれて、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのエリアをバランスよく教える方針のサマースクールがあります。
 
この他、一般英語以外に、数学、理科、社会、演劇、コンピューターなどといった、学科の授業を交えてアカデミック英語を教えてくださるところもあります。
 
アカデミック英語についても、単純にいろいろな学科を通して、幅広い分野の英語に触れることを目的とするものもあれば、将来正規留学を目指す学生、あるいは既にインターナショナルスクールに通っていたり、現地の学校に正規留学している学生の補修用に、学科をしっかりと勉強する目的のサマースクールもあります。
 
英語の検定試験の対策コースが受けられるところ、また参加者は全員が最後に試験を受けるところもあります。
 
どれが一番良いということではなく、その時のお子様の年齢や英語力、目的に合わせて、サマースクール選びをすることが肝心です。折角留学させるのだから、沢山勉強をしてもらいたいと言って、初めての留学で、お子様があまり気乗りしていないにも拘らず、勉強ばかりで、アクティビティは週に何回かオマケ程度についているサマースクールに、お子様を無理に送ってしまったら、「もう二度と行きたくない」という残念な結果になることは目に見えています。
 
初めての留学はとにかく楽しかった、また行きたいと思える体験をさせてあげることが重要です。そのうち自然に英語に興味がわいて、より難易度の高いコースにも、自主的に挑戦してくれるようになってきます。
 
また、時間数が多くても、お子様が楽しんでレッスンを受けられるように、上手にデザインされていて、学習が苦にならないという素晴らしいサマースクールもあります。
 


 
 
 

お子様の年齢に相応しい環境やサポートが整っていますか?

24時間体制、朝から晩までぎっしり予定の詰まったサマースクールを選びましょう!

 
まず第一に重要なことは、お子様が安心して、楽しく、英語を勉強し、サマースクールを満喫できる環境かということですね。
 
お子様が小さなうちは、全寮制のボ―ディングスクールで行なわれるサマースクールで、敷地内に寮も教室もその他の施設もそろっている学校、あるいは、移動がある場合でも、スタッフが毎回同行してくださる学校で、24時間体制でお子様をケアしてくださる環境が理想的です。

滞在先がホームステイで、お子様だけで通学をしたり、学校から帰ってもホストファミリーがいない、あるいは、夜留学生だけを置いて出かけてしまうというような環境は非常に心配です。
 
もう一つはアクティビティ。毎日放課後のアクティビティはありますか?また、毎日アクティビティが行われていても、実際に子供たちは参加しているでしょうか?
 
自由時間が多いサマースクールの場合は、お子様の自主性が問われます。積極的に参加ができるお子様は、自由参加のところでもよいですが、全くの初級者だと、どこでどんなアクティビティが行われているかわからないまま終わってしまっていたということもあります。
 
「よくわからないから、お部屋に戻ってYoutubeを観て時間を潰していた」などという勿体ないことにならないよう、お子様の英語のレベルがあまり高くないうちは特に、全員参加で、朝起きた時から夜眠りにつくまで、ずっと活動しているサマースクールがお勧めです。
 


 
 
 

学生の国籍は偏っていませんか?

一つの国からの留学生の上限を定めている学校を選びましょう。

 
本当に質の高いサマースクールは、留学生の国籍が極端に偏る事を嫌います。質の良いサマースクールでは、例え、サマースクールが満席になっていなくても、一つの国からの留学生の数が一定に達した時点で、その国からの留学生は受け入れを停止するというポリシーがあります。
 
こういったポリシーがなく、席を埋めることだけを考えてしまうサマースクールの場合、国籍がどうしても偏りがちです。せっかく留学したのに、参加者の半数以上が日本人で、日本人だけのグループに分けられてレッスンを受けたり、在学生が殆どアジア人ばっかりだったり・・ということをよく耳にしますが、それでは、本当の意味での留学を体験できていないのではないでしょうか。
 
ASKのご紹介するサマースクールは、日本人に限らず、ひとつの国からの留学生が一定の人数に達すると、受入れを締め切るというポリシーを持った学校です。
 


 

ASK推薦のサマースクール

 

LinkIcon 

この夏、本気で英語を身に付けたい方へ。
シャーボーンサマースクール短期集中英語コース

サマースクールだけで、英検1級、準一級、続出しています!

 

イギリス名門パブリックスクールの写真

 

 

英国最古の歴史を誇る最良の名門校に名を連ねるシャーボーンスクールの国際部自身が主催・運営しているコースです。
 
イギリスのパブリックスクール自身が主催・運営している、留学生用の英語研修コースは国内にいくつかありますが、シャーボーン校はその中でも特に優秀で、夏休みの間だけではなく年間を通して、海外留学生の英語教育を専門的に行う国際部を設けています。
 
当プログラムは、夏休みを利用して、この優れた教育を受け、短期間で集中的に英語を伸ばそうというものです。
 
学校はこれらの短期留学生に、正規留学生と同等の質の高い教育、そして安全で暖かな学習環境を提供することを約束しています。少人数制で非常にきめ細かなサポートが特徴です。
 
シャーボーン校はリピーターの数が多く、毎年着々と力をつけ、これまで短期留学だけで英検1級・準一級に合格した学生さんが沢山出ています。
 

シャーボーンサマースクール コース概要

 

対象:8歳から17歳までの男女
所在地:イギリス南西部、ドーセット州、シャーボーン
滞在先:学生寮
コース:集中英語講座+アクティビティ、英国中学、高校進学準備講座+アクティビティ
英語レベル:全くの初心者から上級まで
日程:2018年7月7日~8月16日の中の2週間、4週間、6週間

 

サマースクールで食事をする小学生

8歳からの受け入れ。小さなお子様でも安心のきめ細かなサポート。

サマースクールに参加した中学生と高校生の集合写真

13歳から17歳の学生は、小学生とは別々に、それぞれの年齢に適したレッスンを行っています。

2018年 シャーボーンサマースクール日程

 

16日間コース

7月04日(水)発 ― 719日(木)日本帰国(到着)  

7月18日(水)発 ― 802日(木)日本帰国(到着)

8月01日(水)発 ― 816日(木)日本帰国(到着)

30日間コース

7月04日(水)発 ― 802日(木)日本帰国(到着)

7月18日(水)発 ― 816日(木)日本帰国(到着)

44日間コース

7月04日(水)発 ― 816日(木)日本帰国(到着)

 

サマースクールでレッスンを受けている高校生
 

 たった2週間の短い期間だというのに、英語力は飛躍的な進歩があり、卓上の学びだけでなく実地で話す機会が自信に繋がり、相乗効果があったように思う。
短期間ではあったが、イギリスの素晴らしき伝統であるボーディングスクールの生活を体験できたことは、学生生活の大きな糧になったと思う。
 

短期間で力をつけるために

 

通常のサマースクールと比べ、約半数の少人数クラス

全てのレッスンは、専門の資格をもつ教師により少人数制で行われます。1クラスの平均人数は6(最大8)名と、通常のサマースクールの約半数ですから、先生の目が良く行き届き、成果を上げるのに必須である「発言」の機会がより多く与えられます。

留学生の年齢やひとりひとりの能力に合わせたレッスン

クラスは、年齢および英語力により編成されます。少人数制のクラスにより、ひとりひとりの英語力や学習の成果に合わせ、レッスンを行うことができます。

通常のサマースクールと比べ、1.5~2倍の授業時間

コース中のレッスン時間数は、中高生は週30レッスン、小学生は週26レッスンと、通常のサマースクールの約1.5~2倍の授業時間が設けられています。

バランスのとれたカリキュラム

レッスンは、英語の読み書き、聞き取り、スピーキングの全ての要素をバランスよく伸ばすようにプログラムされています。

バラエティに富んだ学習内容

通常の英語レッスンの他に、各学科やアカデミックイングリッシュの授業が行われることも当コースの特徴です。学科のレッスンでは、地理、歴史、理科、数学、コンピューター、美術、演劇、文化など、様々な分野を取り上げます。これらのレッスンは、幅広い分野の英語に触れ、会話の幅を広げていくことや、アカデミックイングリッシュの習得を目的として行われます。ご希望があれば、本格的に正規留学を目指す留学生の為の、英国のカリキュラムに基づいた各科目の授業や、マンツーマンレッスンも受けることが出来ます。

放課後もきちんと復習&サポート

コース中は、きちんと宿題が出され、放課後には宿題の時間が設けられます。この時間も、先生が付き添い、わからないところがあればサポートをしてくださるという徹底ぶりです。      

 

 
笑顔で理科の実験に取り組む留学生たち

理科の実験を行うなど、沢山のレッスンも苦にならないよう、興味深い楽しいコースがデザインされています。

 
 英語の勉強が楽しかった。先生が面白くて、いつも笑いながら、同時に英語を覚えることができた。
 
 こんなに楽しく、一生懸命に勉強できたのは生まれて初めてでした。日本にいた時だったら、面倒だなとか、大変そうだなと思ってしまっていたことも、今だったら、何てことなく乗り越えられる気がします。
 

イギリス南西部 美しい伝統の残る、のどかなシャーボーンの街に滞在

 
参加者全員が、期間中学校の学生寮に滞在します。
 
寮には先生が住み込みで滞在します。留学生の寮生活や学生生活に問題がないかを見守る生活指導・相談役の先生、そして身の回りのお世話をしてくださる寮母さんもいらっしゃいます。コース全体のスタッフと学生の対比は1対5と、大変安心できる環境の中、24時間体制で、きめ細かなサポートをうけることが出来ます。
 

お昼休みにシャーボーンの街を歩く留学生たち

保護者様の許可があれば、お昼休みはシャーボーンの街に出られます。
お買い物もショッピングも全て英語の練習です。
小さなお子様はスタッフと一緒に。

 

思い切り学び、思い切り遊ぶ!きちんとバランスをとって楽しみながら学ぶことが、パブリックスクールの醍醐味です。

 
「お勉強ばかり?」かというと、そんなことは決してありません!皆さん熱心に学習しますが、しっかりお勉強した分、思い切りアクティビティを楽しめる機会が設けられています。放課後や週末には、毎日消灯時間まで様々なアクティビティが常に行われます。留学生はこれらの活動を通して、授業で学んだことを実践し、更に効果を加速させ、どんどん英語を身につけて行きます。週に2回は、英国の歴史ある町への観光や、日帰り旅行も行われます。
 

  • アクティビティ一覧

美術、工作、バトミントン、バスケットボール、釣り、フィットネス、サッカー、ゴルフ、乗馬、インターネットクラブ、ラグビー、ネットボール、ロッククライミング、ラウンダーズ(ソフトボールに似た競技)、セーリング、カヤック、スカッシュ、水泳、卓球、テニス、ビリヤード、トランポリン、バレーボール、水上遊園地、アーチェリー、ダンス、クイズナイト、ビンゴ、タレントショー、ファッションショー、各トーナメント、テーマパーティー、ドレスアップ、ヨガ、カラオケ、ケーキ作り、ガーデンパーティ、お料理、映画など。この他、毎週2回、ウィンザーやバースなど、英国の歴史ある町への観光や日帰り旅行も行われます。

 

 
サマースクール運動会で元気に応援する留学生たち

ハウス対抗のイベントは、いつも大変な盛り上がりです!
ハウスメイトとの絆が深まります。

 

きれいな校舎、美味しい食事、優しく面倒見の良い先生方、多くのアクティビティー、多国籍の人々の中での生活、寮にいる大人が朝、夜と定期的に各部屋を見て回ってくださること・・・非の打ち所がない生活だったようです。先生方や生徒さんとも仲良くなれたようで一生涯心に残る素晴らしい2週間だったと思います。

 
イギリスならではの競技に楽しそうに取り組む高校留学生たち

運動会には、日本にない愉快な競技が沢山!

 

アクティビティは、テニス、スカッシュ、乗馬などのスポーツ、また、夜のディスコ、仮装パーティーなどとても楽しかったようです。ロンドンやウインザー城などへの遠足も本当に楽しく参加させていただきました。お友達とショッピングに行くのもとても楽しかったようです。
 

サマースクールの校庭を満面の笑みで元気に走る小学生の留学生

小さな留学生も毎年元気に参加してくださっています。

 

シャーボーンサマースクール体験談とご感想

 
帰国して感想を聞くと同時に「楽しかったよー!今まで言った外国の中で一番良かったよ!」と言われ、半ば強制的に留学を決めた私は大変安堵いたしました。成田からの車内ではこちらから聞く前に向こうでの留学中の話を本人眠くなるまで、約2時間ほど途切れる間もなく聞かせてくれました。
 
肝心の英会話についても思っていたより聞き取れて自分が普通にみんなと話していることで、自信がついたと言っています。そのことばを聞いて「今回の留学は成功した!」と大変嬉しくおもいました。
 
ご夫妻には明るく接していただき安心し、帰国してから送られていた写真を見てたくさん撮ってくれていたことをとても嬉しく思っていました。スタッフの方々も皆さん親切で気持ちよく過ごせたそうです。今回ホームステイではなく、初めて寮滞在型の留学は新鮮で自由で気もつかわないためすごく良かったと言っています。
 
留学効果でしょうか
英語の夏休みの課題を嫌がらずにサッサと済ましていたことには目を見張りました。
 

「シャーボーンサマースクールの感想」続きを読む 

LinkIcon    名門女学院ヒースフィールドサマースクール

英国プリンセスの母校 名門女学院ヒースフィールドへの短期留学

 

名門女学院ヒースフィールド校

 

複数の英国プリンセスの母校であり、世界各国の王室や名家の子女が通う格式ある女学院ヒースフィールド。イートンのお相手校でもあります。

 
世界各国の王室や名家の子女が通う、格式ある女学院として有名な、ヒースフィールドスクール(聖心女子)が、主催・運営する質の高いサマースクールです。ヒースフィールドは、サマースクールが本校と同じ高い標準の教育およびサポートを提供することを約束しており、サマースクールにも同様に各国からの王室の子女が参加するなど、大変高く評価されているプログラムです。
 
通常は、厳しい審査を受けなければ入学できない学校ですが、サマースクールでは、英語のレベルも初級者から受入れを行っており、お気軽にご参加頂くことが出来ます。毎年、世界の20以上の様々な国から8歳から17歳の留学生を受け入れ、30年以上に渡り行われているコースです。女子のみの受入れというのも、他にない大きな特徴です。
 
参加者の内なんと約40%は、3~5回繰り返しコースに参加するリピーターで、中には10年間通い続けたという学生も数名いるほど!この数字が、留学生が毎年心からコースを楽しんでいる事を物語ります。その後も学校へ就職する学生がいたり、元々学生だった子供達が、アシスタントとして学校のお手伝いにきたり、スタッフも長年同じ方が勤められ、お子様までサマースクールに参加していたりと、大ファンの多い、暖かな雰囲気の素晴らしいコースです。
 

ヒースフィールドサマースクール コース概要

 

URL:http://www.heathfieldschool.net/
対象:8歳から17歳までの女子
所在地:ロイヤルアスコット(ウィンザー近郊)
滞在先:学生寮
コース:英語+アクティビティ、マナー講座
英語レベル:初級から上級まで
※全くの初心者とネイティブの学生は対象ではありません。
日程:2018年7月14日~8月12日 

 

サマースクール参加者の女子グループ
 

2018年 ヒースフィールドサマースクール日程

 

16日間コース

7月14日(土)- 7月29日(日)

7月28日(土)- 8月12日(日)

23 日間コース

7 月 14 日(土)-  8 月 05 日(日)

7 月 21 日(土)-  8 月 12 日(日)   

30 日間コース

7 月 14 日(土)-  8 月 12 日(日)

 

ヒースフィールドサマースクール過去の参加者

 

プリンセスの母校 名門女学院で学べる英国淑女のマナー講座

 

  • イギリス唯一の女子校サマースクール
  • 参加者の40%が3回~5回もリピートする大人気コース
  • 学校自体が主催している質の高いサマースクール(他社が校舎を借りて運営しているコースではありません)
  • ネイティブの学生と交流の機会があるコース(同時期に学校内でイギリス人用のキャンプも行っています)
  • 全寮制で安全性の高いサマースクール
  • ジュニア専用に設定されたカリキュラム
  • 24時間 現地日本人スタッフサポート(ASKのサポート)
  • 英国淑女のマナー講座や正規留学希望者へのアドバイスあり

 

サマースクールに参加した小学生の女の子が楽しそうにお友達と笑っている写真

 
ヒースフィールドサマースクールを終えての感想ですが、まずは!娘の第一声!「人生で1番楽しかった!」 続いて、「もうちょっとイギリスにいたかったなぁ」(←羽田空港到着ロビーにて)。親の心配をよそに、子供は軽々とハードルを乗り越えてしまうんですね。
 

ロイヤルアスコットは、ウィンザー近郊にある英国の中でも最も豊かな治安のよいエリアの一つです。

 
ヒースフィールドは、イギリス・ロンドンの中心部から西へ約 45 キロ離れたバークシャ州、ウィンザー城の西南、 アスコットの街に所在します。緑の多い、大変豊かな治安のよい土地で、ヒースロー空港から車で約 30 分の便利 なロケーションです。
全寮制の学校という環境を生かし、通学制の語学学校にはない安全を確保しています。学校と寮は同じ敷地内にあ り、外出時にはいつもスタッフが同行しますので、留学生だけで学校の外へ出ることはありません。また、スタッ フと学生の比率は 1 対 6 とスタッフの目が良く行き届き、学校には常勤の看護婦さんや、身の回りのお世話をして くださる寮母さんがいらっしゃるなど、滞在中しっかりと留学生をサポートしてくださいます。
24時間体制の留学プログラムで、朝目覚めた時から、夜眠りに着くまで、学校の先生やスタッフ、お友達と楽し く共同生活をします。この他、イギリス在住の ASK 日本人カウンセラーによる24時間サポートサービスや、渡英 日の空港エスコートサービスもございますので、初めての留学や小さなお子様の留学でも安心です。
 

イギリス、バークシャ州、ウィンザーの風景
 

女子校ならではの、女の子が楽しめるアクティビティがいっぱい

 
放課後や週末には、毎日消灯時間まで様々なアクティビティが常に行われ、これらの活動を通して生の英語に触れ、授業で学んだことを実践し、身につけて行きます。
 

  • アクティビティ一覧

ウェルカムイブニング アフタヌーンティー スポーツトーナメント 美術 工作 お料理 フラワーアレンジメント ビリヤードダンス 乗馬 カヤック ヘアメイク スクールディスコ クイズ大会 ファッションショー 水泳 ヨガ映画鑑賞 テニス ピクニック ダンスショー サイクリング カラオケ 遊園地 水泳大会 水上遊園地ショッピング ロイヤルアスコット ファッションワークショップ インターナショナルイブニング かくし芸大会 演劇バスケットボール パーティー 観光(ウィンザー&イートン、ロンドン、オックスフォード、ギルフォード、ブライトン、リーズ城など)

 

サマースクールの演劇コンクールに参加した衣装をきた留学生

ハウス対抗 演劇コンクール


英語の勉強だけでなく、色々なアクティビティやイベントを用意してあるプログラムなので楽しんで良い経験が出来た。

 
 
サマースクールのファッションショーに出たドレスアップした留学生たちの写真

ファッションショー


イタリア・スペイン・フランス・ロシア・中国・ポーランド・イギリス・たくさんの国のお友達ができました。帰国してからも、たくさんのお友達とメールで仲良くしています。
 

ハリーポッターのお話の中にあるように自分が所属する「ハウス」が決まります。

 
ハリーポッターのお話の中にある様に、イギリスでは、学校の中で幾つかの「ハウス」に分かれます。学校へ着くと直ぐに、自分の所属するハウスが決められます。ハウスは、同じ国からの学生が偏らず、いろいろな国からの留学生で形成されるよう配慮され、振り分けられます。
 
滞在中は、週20時限の英語のレッスンの他に、放課後や週末にはスポーツやアクティビティを行ないます。ハウス対抗で、ダンスや音楽のコンクールをしたり、演劇をしたり、スポーツで競い合ったり、いろいろな行事が行なわれます。ハウスの仲間達で力を合わせ、これらに参加することで、学生達の絆が深まります。
 
週に3回は、学校のお外へ社会科見学などに出かけます。 これらの課外活動を通して、子供達はあっという間に打ち解けていきます。
 
また、ヒースフィールドでは、同時期にイギリス人の学生を対象としたサマーキャンプも行っており、キャンプに参加する現地の学生たちと、サマースクールの留学生たちが、放課後、週末および、週に何時間かのアクティビティやクラスを一緒に受ける機会も設けています。英語を勉強しに来た留学生同士だけではなく、ネイティブ(現地の)学生さんたちと交流できるのも、このコースの大きな魅力です。
 

サマースクールのハウスメイト同志で肩を組んで仲良く笑っている写真

ハウスメイトと

 
ハウスの活動があるので、世界の子どもたちと交流がしやすい雰囲気があり、積極的に話をすることができました。

 

ヒースフィールドサマースクール体験談とご感想

 
Mは長旅や時差の疲れも見せず、すこぶる元気な笑顔で到着しました。そちらでの生活がどんなにか楽しく充実したものだったのでしょう。成田空港からずっと話し続けで。
 
当初は孤独感や生活観の違いに戸惑いはあったものの、以後は十二分に生活を満喫していたようです。
 
残念ながらこれまで娘が、独り未知の事に挑戦し、生き生きとそれを楽しんだ事はありませんでした。文化の異なる中での生活もですが、素晴らしい先生方や仲間達との出会いによって、娘の中で何かが大きく変わったような気が致します。
 
今迄の些細な事で傷つきマイナス思考の娘の見違える姿に、お金では買えない貴重な経験をさせてやれた事を本当に嬉しく思います。
 
弟や妹にも是非イギリスへ行かせてあげて欲しいと申します。本当に楽しかったんですねぇ~。本当に、あきこさんにはお世話になりました。改めて心から感謝申し上げます。
 
 

「ヒースフィールドサマースクールのご感想」の続きを読む

LinkIcon    ハロウ校サマースクール

英国を代表する超名門校 ハロウスクールが主催するサマースクール

 

名門パブリックスクール、ハロウ校写真

 
ウィンストン・チャーチルをはじめ、7人の歴代の英国首相や、数々の著名人を輩出する、世界的名門校、ハロウスクール。ここで学び、その後、オックスフォード、ケンブリッジ大学へ進むことは、英国の人々にとって最高の栄誉であり、将来国のリーダーとなるための適格条件とすらされています。当プログラムは、そのハロウスクールへ、夏の間短期留学ができるという企画です。学校自体が主催するもので、ハロウスクールは「英語やイギリスの文化だけではなく、英国そのものを築き上げてきたハロウ校の教育を体験する事ができるコースである。」と約束しています。

ハロウ校 サマースクール コース概要

 

ハロウ校ウェブサイト:http://harrowschool.org.uk/
対象:14歳から17歳までの男女
所在地:ハロウ・オン・ザ・ヒル(ロンドン郊外)
滞在先:学生寮
コース:英語+アクティビティ
英語レベル:初級から上級まで ※全くの初心者とネイティブの学生は対象ではありません。
日程:2018年7月7日~8月15日 

 
コースはいずれも、午前中に英語を学習し、午後にそれぞれ選択したコース(マルチアクティビティ、テニス、ゴルフ、ダンス、演劇、コーディング、スポーツ、サイエンスのいずれか)を行います。この他、夜も、バーベキューパーティーをしたり、ロンドンへミュージカルを鑑賞しに出かけたりと、留学生たちが交流を深める楽しい催し物が毎日行われます。また、週に2日は、ロンドンやオックスフォードなどへ小旅行に出かけ、イギリスを満喫します。英語の授業はEFL(外国語としての英語教授法)の資格を持った専門の先生から教わることが出来ます。クラスの人数は平均12名と少人数なので、先生の目も行き届きます。

2018年 ハロウ校サマースクール日程

 

ご出発 
7月7日(金)、7月20日(金)、8月2日(木)のいずれか。

 
 

ご帰国日(日本到着)
7月21日(土)、7月28日(土)、8月3日(金)、8月16日(木)のいずれか。

 

午前の英語のレッスン、午後のスペシャリストレッスン、エクスカージョン(遠足)を、それぞれ選択して、希望にあったコースを組み立てることができます。

 

  • 午前中のレッスン

英語を学ぶ目的に合わせて、3つのコースの中からお好きなものを選ぶことが出来ます(アカデミックイングリッシュ、一般英語、企画やプレゼンテーションの英語)。
 

  • 午後のレッスン

マルチアクティビティ、テニス、ゴルフ、ダンス、演劇、コーディング、スポーツ、サイエンスの中から、お好きなコースを選ぶことが出来ます。これらのレッスンは専門の先生に教わることが出来ます。
 

  • 遠足

ロンドン市内の遠足が良いか、郊外の遠足が良いかを選ぶことが出来ます。

ハロウ校 サマースクール 期間中に行われるアクティビティ

 
放課後や週末には、毎日消灯時間まで様々なアクティビティが常に行われ、これらの活動を通して生の英語に触れ、授業で学んだことを実践し、身につけて行きます。
 

  • アクティビティの例

ウェルカムパーティー、アブセーリング、アーチェリー、美術と工芸、障害物レース、バトミントン、BBQ、野球、バスケットボール、ボーリング、洞窟探検、クライミング、コンピューター、クリケット、ディスコ、演劇、フェンシング、映画鑑賞、ゴルフ、乗馬、スケート、カラオケ、カヤック、レーザークエスト、マウンテンバイク、ピザナイト、いかだ作り、ライフル射撃、ロープアドベンチャー、ビリヤード、サッカー、水泳、卓球、テニス、ウォータースキー、ミュージカル鑑賞、ロンドンアイ、リバークルーズ、テーマパーク、ロンドンダンジョン、ビンゴ大会、ボードゲーム
 

ハロウ校サマースクール体験談

夏休みの前に、心の底から本当に笑ったのはいつですか、と聞かれたら、答えに迷っていただろうけれど、今聞かれたら、ハロウ校にいたすべての時間、私は心の底から笑っていたと答えられます。

 

サマースクールでテニスのMVPを取った高校留学生

MVP(最優秀選手賞)を獲得したKくん

 何より、伝統ある名門校ハロウスクールでの素晴らしい経験、そこに集った意識レベルの高い留学生達と過ごしたことが、確実に潜在能力を引き出し、成長させてくれた。

 
ハロウ校図書室

ハロウ校 図書室


ハロウ校校舎外観

とても充実した日を送ってきて、2週間前に見送った時よりも大きくなった気がしています。伝統あるハロウ校の素晴らしさを、ほんの少しでも体験させることができて、本当に良かったと思いました。

 

帰国後はフェイスブックでつながっているところが、現代っ子ですね。

 

 
ハロウ校サマースクールのハウスメイトと映る中学留学生

ハウスメイトと一緒に


ハロウの街

ハロウの街並み

 

英語の実力が目に見えてアップしたのに加えて異国での貴重な経験が自信となり、息子を支えているのがわかります。

サマースクール参加者の記念写真

 

息子の帰国第一声は、「イギリスへ帰りたい!」そして2か月近く経った今も、まだ同じ事を言い続けております。親としては、これに勝る嬉しい言葉はありません。

 

ハロウ校サマースクール参加者の写真

 

2週間という短期間でありながら、期待を上回る成果を上げて帰国してくれました。

 

渡英中のハプニングにも素早く手厚い対応をして下さり、エージェントというより子供を心配する親の目線で対処して下さいました。今後、他の機関ではお世話になれない気がしております。


LinkIcon  

他にも素晴らしいサマースクールをご用意しております。

 

資料請求はこちらから。
 

ネイティブの英語にどっぷり浸かる
イギリス人の学生と過ごす海外サマーキャンププログラム詳細はこちら。
 
 
サマーキャンプのお友達同士で集まっている写真

ネイティブの学生さんが50~75%のサマーキャンプ。英語のレッスンもお付けできます。

 
会社代表夫婦が笑顔で並ぶ写真

私たちが保護者様の代理となり現地でお子様の後見人を務めます。

ASK英国留学センター代表
LinkIcon
会社ロゴ